飛行機を最安値で利用するために覚えておきたいこととは

- 飛行機を最安値で利用するために覚えておきたいこととは

桜並木

飛行機を最安値で利用するために覚えておきたいこととは

飛行機を使った国内旅行をなるべく安く済ませたいと思った場合、LCCや格安航空券の存在は非常にありがたいものでしょう。しかしこれらの利用料金は、どんなタイミングでも変わらない割引率とは限りません。シーズンによって料金の変動幅は違ってきます。そこで飛行機の航空チケットはどのタイミングが安くなるのかを紹介します。

飛行機のチケットは時期によって料金が違う

LCCだろうと格安航空券だろうと、飛行機の利用料金というのは、一年中同じ料金で利用することが難しいものです。タイミングによって高い時期と安い時期がありますから覚えておくと旅行計画を立てるのに役立つことでしょう。

1年を通じ最も料金が高い最高値の時期は、「年末年始」「夏休み期間の7月から8月(特に盆)」「年度変わりの3月」の3つです。基本的にこれ以外のタイミングなら、平均値から平均料金以下での利用が可能です。

特に狙い目なのは、年始が過ぎた1月と、2月。更に5月や11月といった時期になりますから、より安く最安値で旅行をしたいと思っている方ならこれらのタイミングを狙うようにしましょう。

いずれにしても計画と購入は早めが基本

どのようなタイミングであったとしても、基本的には早めの旅行計画を立てて、休暇願いなどを出して航空チケットの購入も早めにしておくことがおすすめです。

例えば1ヶ月前に購入した場合と3日前に購入した場合とでは、大げさでもなんでもなく倍近く料金が違ってきます。前述した安くなるタイミングだからといって、余裕を見せて購入を直前までためらってしまうと、大きな損をすることになります。

少しでも最安値で目的地まで飛行機を利用したいのであれば、安くなるタイミングにプラスして早めのチケット購入することをおすすめします。校区会社によっては一週間単位で搭乗予定日から逆算をして料金の割引率を設定しているところもあります。

2ヶ月前などの購入では70パーセントもの割引が適用されるケースもありますから、早めに動くというのは安く旅行をする際の鉄板ルールといえるでしょう。

タイミングと早めのアクションが最安値を生む

いかがでしたか?飛行機を最安値で利用したいなら、安くなる時期を把握することがまずは大事です。繁忙期は日本の場合には決まっていて、それ以外のタイミングでは驚くほどに安くなります。

その上で大事なのは早めのアクション。2ヶ月前に購入をすれば、70パーセントもの割引率の恩恵を受けることができるケースが多く、最安値で飛行機の利用が可能になるのです。