LCCが最安値と思うのは勘違い?

- LCCが最安値と思うのは勘違い?

桜並木

LCCが最安値と思うのは勘違い?

航空チケットを激安で購入したいと思った場合、LCCを利用するのが当然とは思っていないでしょうか。実はLCCよりも大手航空会社の格安航空券を手に入れた方が割安になるケースが多々あります。ここではLCCよりも安く飛行機に乗るためのポイントを紹介します。

早く予約ができれば早期割引が適用

飛行機になるべく安く乗りたいと思った場合、近年では国内でもLCCが広く知られるようになったことからも、LCCが最安値だと勘違いしている方が多くいらっしゃいます。

しかし大手航空会社を利用したとしても、条件が整いさえすれば、LCC同等、もしくはそれよりもお得な料金で航空チケットを購入することが可能なのです。

その条件の一つが早く予約を入れること。ある程度先に旅行のプランを立てておければ、正規料金からみて驚くほど割引された料金でチケットを購入することが可能なのです。

どうしてこういったサービスを行っているのかというと、在籍の80パーセントが埋まらなければその便は赤字運行になるから。航空会社としてはなるべく早い段階で在籍を埋めてしまいたい。

だからこそキャンセルや変更が難しくなるものの、予約や購入時期が早ければ早いほどに割引率が高く購入することができるようになっているのです。

旅行会社の宿泊パックなどを利用してトータルで安くする

他にもLCCは飛行機の搭乗料金のみが安く設定されていますが、大手航空会社の場合には、国内に存在する旅行代理店とつながりがあったり、航空会社の子会社が旅行代理店を行っていたりしています。

結果として多くのツアープランや宿泊施設とのパッケージプランなど多くの商品が安く利用することが可能になっているのです。通常のツアープランだけでなく、宿泊施設のみのプランなども種類は豊富。

こういったことから旅のプランが幅広く設定することができ、宿泊料金と飛行機の料金とのトータル料金で安いのは実は大手だったりするのです。

LCCが最安値とは限らない

いかがでしたか?日本ではLCCが誕生してから世界と比べるとまだまだ短い状況であり、どちらがお得かというのは判断がまだまだ難しい状況です。

メディアの情報でLCC=最安値と勘違いしている方が多いですが、条件を満たしたり、宿泊施設とのトータル料金を比較した場合、実は大手航空会社を利用した方が最安値で済む場合も多々あります。

そもそもサービスや在籍の広さなどには大きな差があり、満足度が違っていますから、固定観念を持ってLCCが安いとは考えず、便利なツールなどを使ってリサーチすることをおすすめします。